原材料をシンプルに。素材にとことんこだわりました。

フランスのシェフ達をも驚かせた新しい風味のマリアージュ。

さぁ、あなたは、どのように召し上がりますか?

●生姜のコンフィ

厳選したペルー産のビオの生姜とキビ砂糖。

生姜の風味を凝縮した一品。

●生姜の佃煮

日本の佃煮と全く違います。パテシエのテクニック“キャラメリゼ”を使い 濃厚でカリカリした食感の生姜の甘辛い佃煮。

●ビオモモ特製ガリ

凝縮された生姜とフランス産リンゴ酢との出会い。ビオモモのガリは素材の良さと風味を生かしました。

●モモの節句

生姜砂糖でキャラメリゼしたアーモンド、

花びらのような生姜のコンフィ、トンプソンという品種のレーズン。

この3つを 同時に口に入れると 

カリッと香ばしい、甘酸っぱい、スパイシーとお口の中でハーモニーを奏でます。アペリティフに お勧めしています。
どうしてモモの節句?
フランス語の商品名は、MOMO 3 secsです。
セックというのは、乾いたという意味でナッツ類などに使います。3種類の乾きもので3secs。3月3日のモモの節句にちなんで名付けました。 

●プラリネ 四種

焙煎したアーモンドをキビ砂糖と合わせてキャラメリゼしたものを

 ペースト状にしました。

 

フランスでは、朝食のバゲットに塗って食べるのが一般的です。

 また、アイスクリーム、チョコレートなど、いろいろなものと合わせて

 お召し上がりいただけます。

食品乳化剤、添加物など一切入っておりません。時間とともにアーモンドの油分が自然に浮いてまいります。

お召し上がりの際は、毎回油をよくかき混ぜていただくと最後まで美味しくいただけます。冷蔵庫に入れず冷暗所で保管してください。

*ウコンのプラリネ

ウコンの大地の恵みの味がキャラメルのほろ苦さとアーモンドの香ばしさと絶妙なバランスをとっています。ウコンが持つクルクミンを美味しく身体に吸収できます。

*生姜のプラリネ

生姜のピリ辛さと爽やかさ。キャラメリゼされたアーモンドとの食感。

*黒ゴマのプラリネ

日本の石庭のように侘び寂びを感じる黒ごまのプラリネ。シンプルなのに濃厚な味わい。

*抹茶のプラリネ

メイド・イン・ジャパンの本物の味をフランス、そして世界に広めたいと、日本の最高級BIO抹茶を使用しています。

その上品な余韻は、茶道のおもてなしの心を感じさせてくれます。

●MOMO3chocs

アーモンドを生姜砂糖でキャラメリゼ、そのまわりにペルー産のBIOのショコラ、BIOMOMOの特製生姜のコンフィ。緻密で繊細なバランス。

●Super premium コンフィチュール

 旬の時期をしっかりと伝えること、

 素材の味を生かすことを大事に考え、 様々な提案をしています。

 

 ・フルーツは、南仏地方限定、直接農家の方から手渡しでいただいた採りたて選りすぐりを使っています。

 ・生姜は、香り高いペルー産。

・砂糖は、身体に優しいキビ砂糖。

・フルーツに直接火入れしない方法で約1週間かけてじっくりと糖度を上げフルーツの形をそのまま残しました。

 

*いちごと生姜のコンフィチュール

プロヴァンスの朝採りいちごを贅沢に使いました。

 

*さくらんぼと生姜のコンフィチュール

 ビオモモのアトリエすぐ横で採れたさくらんぼ。一粒一粒の食感をお楽しみください。

 

*あんずと生姜のコンフィチュール

ガール県ボーケールのあんず。酸味のバランスが最高に美味しい。

 

 *モモと生姜のコンフィチュール

 ヴォクリューズ地方のシュヴァルブランの桃。繊細であり輪郭のある仕上がり。

 

*グレープフルーツと生姜のコンフィチュール

コルシカ島のローズ色のグレープフルーツ。みずみずしさとほろ苦さが特徴。

 

*プルーンと生姜のコンフィチュー

Fellenbergというスイスのプルーンの品種をビオモモのアトリエ横で収穫。

太陽をたくさん浴びたプルーンは ミネラル分の味がしっかりでます。

 

*イチジクと薔薇のコンフィチュール

プロヴァンスのイチジクに香水の町グラースの薔薇の花びらが入ったコンフィチュール。

このマリアージュはプリンセスに食べていただきたい高貴な味わいです。